医療法人社団昌美会 西村ハートクリニック 歯科

診療内容

地域の皆様の様々なニーズにお応えいたします。

一般歯科

日本人の約90%以上がむし歯にかかっております。
むし歯くらい…..と誰もがかかったことがあるために軽くみられがちですが、一度蝕んだ歯は元には戻らないのです。
治療し、進行を食い止めるしか手段がありません。
むし歯の原因をできるかぎり解明し、予防をすることが重要です。
貴方のほんの少しの努力と理解で、健康な歯を守っていくことが可能です。

治療の流れ

  1. STEP 1初診・カウンセリング
  2. STEP 2検査
  3. STEP 3初期治療
  4. STEP 4再検査・再評価
  5. STEP 5治療開始
  6. STEP 6メインテナンス

小児歯科

当院ではまず、お子様の性格やご両親の希望、お悩みなどを伺って、できる限りご希望に添うようにしています。
治療はお子様をいかに怖がらせずに嫌がられずにできるかが、治療の質を決める最大のポイントになりますので、いろんなことに細心の配慮をしております。
ただ、お子様が嫌がるかどうかだけを指標にしていますと、いつまでも慣れることができずに治療しないといけないむし歯が進行してしまいそうなときがあります。
また、他の歯科医院で、結局慣れずに治療をしてもらえなかったと言って来られるお子様もいます。
お子様とご両親にとって、抑えてでも治療をしたほうがいいと判断した場合はご両親の了解のもとで行う場合があります。
治療の方法も、お子様の性格を十分に知っておられるご両親にお伺いして、お子様にとって最善と思われる方法を選んでいただくようにしています。

スポーツ歯科

スポーツ選手・愛好家が、スポーツによる外傷で歯を失ったり、口内に傷を負うケースは多くあります。
スポーツ歯科とは、すべてのスポーツ選手・愛好家の方が全力で競技に打ち込めるよう、歯科医学の立場から口腔内をサポートすることを指します。
歯やアゴなどの怪我を防止するために、当医院では患者様お一人お一人の歯に合わせて、ゴム製のマウスピースを作成しております。
上あごに装着したマウスピースの衝撃吸収によって、安心安全にスポーツを楽しんで頂くことができます。

予防歯科

歯は一生使うもの。虫歯になってからでは手遅れです。
今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでしたが、むし歯を事前に防ぐために予防歯科をおすすめしています。
むし歯で失った歯、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。
そのため近年、歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。
治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。
治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。
口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。
家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

フッ素

フッ素は歯や骨によい影響を与えることで知られています。
人間の歯の表面は、人体の中でもっともかたいエナメル質でおおわれていますが、虫歯になると溶けてしまいます。
フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強く溶けにくい物質に変えることが可能です。
虫歯予防に用いられるフッ素の成分は、お茶や紅茶の中に含まれている自然のフッ素イオンと全く同様のものです。

口腔外科

歯科口腔外科とは歯や歯茎だけでなく、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に生じた病気を診断・治療する診療科です。
「親知らず」の抜歯などが、最も多く行われている外来手術です。
この領域に異常が生じると、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害だけでなく、審美的(見た目)にも影響が出てきてしまいます。
事故やスポーツなどの外傷、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口腔心身症などの内科的疾患も歯科口腔外科に含まれます。
治療を行い、口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとします。
歯科口腔外科で健康的な美しさを取り戻しましょう。

いびき外来

日本人で習慣的にいびきをかいている人は2000万人以上いるといわれています。
そのうちの約10%の200万人が寝ている間に何十回も呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群だといわれています。
睡眠を十分にとることは、とても重要です。
しかし、いびきをかくのは浅い眠りの証拠で、その代償として日中に強い眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、 社会生活に大きな支障をきたします。
また、長期にわたりいびき・無呼吸が続くと、高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病などの生活習慣病を併発したり、記憶力や集中力の低下をまねきます。
習慣的にいびきをかいて、熟睡できず頭がすっきりしない人は一刻も早く治療を始めることをおすすめします。